片頭痛とは


片方どちらかのこめかみ部分がじんじんと響くような痛みを発症するのが特徴です。
ただ、必ずしも片側だけ痛みを生じるのが片頭痛というわけではなく、最終的に両方、あるいは頭部全体が痛みを生じるケースもあります。 片頭痛が発症するのは体質も大きく影響してきます。
もともと片頭痛持ちの人は脳の神経に影響がある毛細血管のつまりや炎症が起きやすい傾向にあります。そして、片頭痛の原因としては自律神経の乱れが影響して頭痛を発症するケースもあります。片頭痛もちは日本人で2割から3割程度の方にいると言われていて、頻繁に頭痛が発症されてしまうという人も珍しくありません。

また、男女差を比較すると男性に比べ女性の方が数が多く、その割合は、実に男性の4倍とも言われています。これは自律神経と深い関係があると言われる女性ホルモンの影響が考えられます。生理の時に頭が痛くなるのは、ホルモンのバランスの乱れからくるもののようです。

121785片頭痛の前兆とは 片頭痛は環境で閉塞感のある場所で起こりやすいです。また、ストレスがたまるような状況も危険です。
例えば人ごみが多い駅やデパートの中、狭い空間で多数の人がいる施設などでも片頭痛が起こりやすくなっています。ストレス社会といわれる現代、片頭痛はもはや現代病の一つといっても過言ではないかもしれません。

片頭痛が起きやすい季節

 片頭痛が起こる前兆としては、こめかみ部分がズキズキする、視野がぼやけたような感覚になる、チカチカしてまばたきが多くなる、などの状況になると注意が必要です。 特にそういった環境が30分~1時間以上続くと症状が悪化する可能性があります。 片頭痛が原因で、喉の痛みや咳などが出てしまうケースもあります。 片頭痛を刺激するものや環境とは 片頭痛が起こると音、映像など脳の神経を刺激するような環境だとより一段と症状が悪化することがあります。 ライブ会場、パチンコ店、ボーリング場、カラオケなどは片頭痛持ちの方にはあまり向いていません。歯周病になったりするとまたそれが原因で片頭痛がおこる可能性もあります。

このような環境でも決して重篤な症状を招くというわけではありませんが、頭痛が激しくなって吐き気やめまい、倦怠感などを生じるケースがあります。
ストレスが溜まる環境だと血管が細くなって脳の神経を刺激してしまいますので、ストレス緩和を意識した生活や行動が必要となってきます。 決して命を脅かすようなものではありませんが、頭痛薬を定期的に常備し、いつでも症状改善を行える対策をとっていることが大切です。





深呼吸大切なことは気分を開放する環境に身を置くこと 片頭痛の予兆が見られたら気分を開放して、人ごみを避けた場所に身を置くことを意識してみましょう。 酸素が薄い環境だと血流の流れが悪くなり、脳の細胞を破壊したり低下させてしまう恐れがあります。 だいたい人間は20%にも満たないような酸素の環境だと、体やの影響が出てくると言われています。 よく、「人が密封された空間にいると頭が痛くなる」という経験があるかと思います。そういった環境に身を置くことで脈拍に変化が出たり、頭痛の悪化、吐き気などを催す可能性があります。

いつもと違う頭痛だったら注意!

片頭痛と思っていても、危険な病気になっているかもしれませんので、 もし、頭痛の感じが、いつもと違っていたら、すぐに医療機関を受診しましょう。
危険な頭痛
     
  • 味わったことのない頭痛
  •  
  • 突然痛くなる
  •  
  • どんどん痛くなってくる
  •  
  • 熱がある
  •  
  • 手足がしびれる
  •  
  • けいれんしてくる
  •  
  • 意識が遠のく
疑われる病気には次のようなものがあります。
     
  • くも膜下出血 
  •  
  • 脳出血 
  •  
  • 髄膜炎 
  •  
  • 脳腫瘍 
  •  
  • 脳動脈解離 
  •  
  • 硬膜下血腫 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です