片頭痛の原因


頭マッサージ片頭痛は生活に支障が出るほどの重大な病気ではありませんが、なかなか治りづらく片頭痛持ちの方はかなり苦労されているのではないでしょうか。 片頭痛の最大の要因は、血管の拡張と緩和がうまくいっていないこと。 血管は大きく拡張したり、必要に応じて収縮するなどの働きがありますが、すぐに頭が痛くなってしまう人は血管が収縮しがちになり、うまく脳まで血液が送られていないということが考えられます。 頭が痛いときにマッサージしてもらうと、ちょっと痛みが緩和されるという経験があるかと思いますが、それはマッサージすることで血管の働きに刺激を与え、血流を良くする効果があるからです。 特に脳周辺の毛細血管は普通に腕や体の中に流れている血管よりも圧倒的に細いですから、血管が詰まりやすくなっている部分があります。

ストレスのかからない環境が大切


頭の血管片頭痛にすぐなってしまう人は簡単に言ってしまえば、「血液の流れが悪い人」です。 血流をよくするためには、ストレスがかからない環境に身を置くことがポイントです。 毛細血管というのは自律神経と関係があります。 普段からストレスをためやすい人、ちょっとしたことで悩んでしまう人というのは自律神経が乱れやすくて、毛細血管へ送られる血液の流れが悪くなります。 片頭痛は仕事で悩んでいたり、人間関係で悩んでいる方に起こりやすい症状です。 なかなか仕事の場合はやめることも出来ずに、1日で環境をガラっと変えるというのは難しい部分がありますが、もしもそういった状態が数ヶ月続いてしまうようなら、片頭痛だけではなく脳梗塞や肺血栓など血液のつまりを伴う病気が発症してしまう恐れもなくはありませんので注意が必要です。



食生活の改善で血液循環をアップ!


イチゴ血液の流れで、もう一つ関係があるものといえば食生活です。 食生活で血流を良くするにはビタミンCが効果的です。ビタミンCを摂取することで活性酸素を抑制し、脂肪が酸化するのを防いでくれます。 頭皮湿疹の原因にもなるのではないかと思います。
http://xn--8mrq9ejz3aptg78a834j.com/touhikayumi/より また、ビタミンCは不足がちになると、タンパク質の構成に必要なアミノ酸の吸収率を下げてしまう危険性があり、それによって皮膚の炎症や血管の損傷が生まれてしまうリスクもあります。 例えば壊血病などになってしまう場合、医療としてビタミンCが投与されて治療されるぐらい皮膚の形成や血液の流れには欠かせない成分です。 片頭痛になってしまいそうな兆候が見られる場合はイチゴやレモン、緑黄色野菜などのビタミンCが多く含有された食材を意識的に摂取して片頭痛を阻止していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です