片頭痛の危険性

 

血液検査片頭痛をほうっておくと、ただの頭痛では収まらないケースもあります。 重度の場合は生活に支障をきたしてしまうぐらい激しくなり、仕事なども手につかないという方もいます。 ほぼ毎日のように片頭痛が起こってしまう方は内科だけでなく、神経内科や脳神経外科などに行って詳しく調べてみた方が良いでしょう。血液検査によって片頭痛ではなく、思わぬ病気の可能性があるということを発見できるケースもあります。

片頭痛と初期症状が似ていて、重篤な病気もあります。 たとえば脳腫瘍やクモ膜下出血も最初はちょっと頭が痛いというところから始まりますので、勝手に片頭痛とは決めつけずに早い段階で医師に診断してもらった方が良いでしょう。

片頭痛の場合、長期に渡って頭の痛みが続くというわけではありません。大体の場合は数時間で収まるケースが多くなっています。長くても頭痛の時間は3日程度と言われており、それ以上、頭の痛みが続く場合は違う病気の可能性も否定できません。

片頭痛を見極めるポイントとは

 

片頭痛は視覚的な異常、または痛みが発症されるケースがあります。 視覚的な異常は閃輝暗点と呼ばれ、目の前がかすんで見えたり、チカチカ光ったりするような感覚になる症状です。頭がぼーっとして視覚的にもおぼつかない場合は片頭痛になっている可能性もあります。

そしてもう一つは前駆症状と呼ばれる頭部以外の痛みです。 片頭痛は、こめかみ部分が痛くなるケースが多いですが、それ以外にも首筋や耳の下、首や背中などの筋が痛むケースも見られます。片頭痛になると、この閃輝暗点と前駆症状のどちらかに異常が見られて片頭痛を発症するというケースがあります。



片頭痛の悪化を防ぐには

 

片頭痛の初期症状がみられたら、次のポイントを意識して生活しましょう。

  • 明るい部屋を避け、静かな薄暗い環境でゆっくり過ごす
  • 音の静かな場所に身を置く
  • 立ちくらみを防ぐため、できるだけ運動を避け、安静にしている
  • 頭痛薬を処方して休養をとる

MRIこのような行動を意識して基本的には、体を安らげる状態にしておくことが大切です。 数日間安静にしていても改善されない場合は、単純に頭が痛いということで医師に相談するよりも、脳神経に異常がないかどうか、調べてもらいCTやMRIなどの検査も考慮した方が良いでしょう。 特に日頃からハードなスケジュールを組んでいると、自律神経が乱れ、片頭痛が起きやすくなっているので要注意です。 普段から休む時間と、働く時間のメリハリをつけて体を休息させる期間も確保しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です