片頭痛対策


ストレス緩和まずは、何と言っても予防を行うことが大切です。日々ストレスを緩和させる生活を意識したり、睡眠をしっかり取るなど、生活の基盤を安定させることが重要です。
生活習慣によって、血管の流れが悪くなってしまい、頭痛を引き起こすケースは十分に考えられます。 片頭痛が起こってしまう人は交感神経と副交感神経のバランスに乱れが生じやすいという体質の持ち主です。 これは精神状態にも通ずる部分があり、休んでいる時と活動しているときの脳のバランスが取れていないことによって自律神経が乱れ、片頭痛になってしまう可能性が高まります。
まずは精神状態の安定こそが、片頭痛を抑制する第一歩です。

片頭痛がなかなか治まらない人の場合

薬局
日々の生活に気を使っていたとしても、片頭痛が慢性化してしまう方もいるでしょう。 そういった方は治療薬を定期的に摂取して対策を講じるのが一般的です。 薬の中には脳の血管の収縮を抑制する働きのある成分や、脳の興奮を抑える成分が含まれた治療薬も存在します。 具体的な例をいくつか挙げると、脳の収縮を抑えるのに最も効果的なものはカルシウム拮抗薬です。一般的に処方される薬としては、ロメリジンなどの名称で扱われています。 服用することで脳の血管の収縮を抑え、興奮状態を抑える役割があります。



他には脳の自律神経の乱れを抑える働きがあるβ遮断薬のプロプラノロールなども有名です。 また片頭痛の前兆段階で服用しても良い、抗てんかん薬のバルプロ酸ナトリウムなどもあります。 ここまでご紹介した三つの医薬品は保険適用の薬ですが、中には保険適用外の医薬品もありますので、医師にしっかりと説明を受けてから処方してもらうのが良いでしょう。 例えば、片頭痛とうつ病を併発している時に使用する抗うつ薬のアミトリプチリンなどは保険が適用されない薬で、高額な処方となるので事前に理解しておきましょう。

治療は長期的な視野で考える


これらの片頭痛に対して有効な治療薬を服用するときは短期的な視野でなく、数ヶ月という長い治療期間を意識して対策を講じていく必要があります。 1、2週間服用して効果がないからといって、服用を中止してはいけません。 また頭痛が改善されてきたと感じても、独自の判断で薬をやめるのは避け、一定期間服用し続けることが片頭痛を抑えるのに効果的です。 長い人では半年以上服用するケースもありますので、長期的な対策を地道に続けていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です