片頭痛の最近の傾向


昔に比べて片頭痛を発症してしまう要因も様々なものが理由として挙げられます。 長時間のパソコンやスマートフォンの操作、テレビやゲームのやりすぎ、仕事でのストレス、頭痛薬の過剰摂取などが挙げられます。 特に今では1人1台持っていると言われるスマートフォンへの依存は、片頭痛を引き起こしてしまう要因の一つとして挙げられます。

ストレッチスマートフォンから発せられる映像や光を長時間見続けていると、ブルーライトの影響で自律神経が乱れ、片頭痛を引き起こす可能性が指摘されています。 仕事などで長時間パソコンやスマホを見る機会が多いという方は、1時間おきに休憩を取るなど心身ともにリラックスさせる状態をキープすることが大切です。 軽く自分で肩や腰をマッサージしたり、ストレッチを加えることで血流が良くなって脳へつながる毛細血管の血液循環も良好なものにすることができます。

特に依存している方、スマホに慣れていない方は要注意!


仕事柄デスクワークで一日中パソコンを使っているという方もいるでしょう。 ただ、1日8時間など決められた時間の中で取り組んでいると脳の免疫力がアップして、適度に休憩をとりながら行っていれば、ブルーライトの影響は受けにくくなると言われています。

スマホむしろ、片頭痛になりやすい方は普段あまりパソコンやスマホ操作しない方、逆に極度にパソコンやスマホに依存している方のほうが片頭痛になりやすいと言われています。 普段全くパソコンやスマホをいじらない方が、1日で6時間以上など長時間の操作を行うと、緊張型頭痛が続いて片頭痛を引き起こしてしまう可能性が考えられます。

また、1日12時間以上など極度のパソコン依存に陥ると、脳の後頭葉内の疲労が強くなり、次第に片頭痛が強くなってしまうということが考えられます。パソコンやスマートフォンを操作するのは適度時間、適度な休憩ということを意識して行うようにしましょう。



夜ふかしも注意が必要!


現代人は昔に比べて深夜型の生活が多くなっている人が増えています。 夜更かしをすることで睡眠時間が減少され、片頭痛が起こってしまうという方も多くいらっしゃいます。 夜更かし夜ふかしをして睡眠不足になると、細胞小器官のミトコンドリアがうまく活動を行ってくれないという体質に変化してしまいます。ミトコンドリアとは簡単に言うと、エネルギーの生成物質です。
ミトコンドリアのおかげで脳が指令を送る機能が正常に機能したり、酸素を取り組んで体を活性化してくれる働きがあります。睡眠をしっかりとることでミトコンドリアは正常な働きをしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です