片頭痛の種類

 

頭痛片頭痛の種類について 片頭痛に代表されるような頭痛は数多くの種類が存在します。 常習的に起こる片頭痛ストレスや緊張状態で生まれる緊張型片頭痛同じ場所に痛みを感じる群発片頭痛の大きく分けて3タイプがあります。 生まれながらにして片頭痛持ちという人は通常の片頭痛です。 仕事環境などで今までと違ったストレスのかかる環境に身を置いて頭が痛くなる人は緊張型片頭痛の可能性が高いです。そして、群発性の片頭痛の場合は特に決まったタイミングではなく、突発的に頭の痛みを感じるケースが多くなっています。 どの片頭痛であっても、何日も続くというよりは数時間から数日程度続く頭痛が多くなっています。 逆にいうと、数週間も続くような頭痛の場合は何か別の病気になっている可能性も考えられますので、直ちに精密検査を行った方が良いでしょう。



頭痛の種類も様々


片頭痛はストレス的なものが大きく影響している頭痛ですが、他にも頭痛の症状はいくつか存在します。 片頭痛は分類として一次性頭痛として分けられ、重篤な頭痛というわけではありません。
しかし、それ以外にも感染による頭痛、血管の疾患による頭痛、頸部の障害による頭痛などが存在し、これらは二次性頭痛として分類されます。 早めの診断と治療を行わないと、生命の危険も及ぼすような危険性もある頭痛です。
治療や検査も普通の片頭痛とは違った扱いになります。 こちらの二次性頭痛の場合は症状によっては、精密検査クモ膜下出血や脳出血の可能性も考えられます。 また、脳腫瘍などの場合は頭部の痛みだけでなく痙攣や吐き気、しびれなどを生じることもあります。 腫瘍が広がって神経を圧迫してしまっているケースがあるからです。 他にも脳動脈解離や慢性くも膜下血腫などもあり、今までの痛みとはちょっと違った激しい痛みや、頭以外のしびれなどを感じたらすぐに診断してもらうのが良いでしょう。

片頭痛は必ずこめかみ部分が痛くなるとは限らない


片頭痛という名前からして頭の片側だけが痛くなる症状という印象がありますが、決してそういうわけではありません。
特に成人になる前の小学生など、体の発達が未熟なときは側頭部ではなく、前頭部や両側の束頭部が痛くなるケースがあります。 子供であっても大人と同様、頭痛の時間は数日程度ですが、状態によっては少し休息を与えて学校休ませるなどの処置も必要です。
決して発熱だけで頭痛の程度を判断してはいけません。もし、心配で脳について詳しく知りたい方は、小児科ではなく、施設が整った環境の病院で診察を受けたほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です